前へ
次へ

葬儀マナー的に最適な靴の素材とは

葬儀マナーを考慮すると、葬儀にふさわしい最適な靴の素材があります。
葬儀に相応しい素材は布といえます。
その反対に、回避したほうが良い素材は、ワニ革などといった革やエナメル素材になります。
革については殺生を思い起こされるため注意することが重要になります。
そして結果的に、葬儀マナー違反となるケースがあります。
しかしながら、ここへ来てたくさんの人が、革靴を身に付けて出席することから、ほとんどのケースで、本革の靴も葬儀マナー違反ではありません。
その一方で、ワニ革など、殺生を印象づけるものは、回避しましょう。
ワニ革に限らず、エナメルに関しては派手なのでマナー違反ですので気をつける必要があります。
また、スエードやベロアも相性が合わないといえます。
スエードは、子羊並びに子牛のなめし革の生地になります。
そういう理由から、殺生を意識させてしまいます。
さらに、スエードはカジュアルスタイルの印象にもなることから葬儀にはフィットしない生地といえます。
一方ベロアは、ファッショナブルな光沢が魅力的な生地になります。
日常使用の服には絢爛なイメージが醍醐味ですが、いうまでもなくカジュアルとなってしまうので、葬儀にはマッチしていません。
布や合皮それから、革でも光沢がないものを選びましょう。
布などの素材を使用した靴を選択する場合の留意すべき点は、光沢が多くないものを選択することです。
光沢が非常に強い靴は、葬儀には向いていないとされています。

あなたの気になるを調査します
配偶者の不倫や身元調査など福岡のもみじ探偵社にご相談ください

元警察官のノウハウで調べ上げる
決定的な証拠を見つける調査を行うことができます

男性の方のビジネスシューズや女性の方のパンプスには、エナメルでないにしろ、非常に強い光沢のある靴が数多くあります。
かりに黒であってもツヤの非常に強い靴は、葬儀で回避するようにすることが必要です。
革靴のツヤについては、磨き方によりましてもコントロールすることができます。
葬儀に足を運ぶときには、革靴をそれほど磨きすぎないようにし、光沢をセーブして出席することが必要です。

Page Top